新生児から使えるスリングが断然便利!その魅力とおすすめベビースリング14選

目次

育児に余裕が生まれる!スリングの基礎情報と魅力を徹底解剖

数ある育児グッズのなかでも、脇役的存在となっている”スリング”。「そもそも、スリングって何?」と聞き馴染みのない方も多いかもしれませんね。スリングとは、パパママの肩から吊るした幅広の布で赤ちゃんを包み込む、抱っこひものひとつ。

最近はエルゴのようなバックル装着タイプの抱っこひもが主流ですが、スリングは布を赤ちゃんの体型に合わせられるので、新生児期からインサート不要で使えるなどのメリットがあります。ここでまずは、スリングの魅力をさらに深掘りしてみましょう。

スリングって必要?どんな人におすすめ?

”育児に必ず用意しなければいけない”という類いのアイテムではないものの、スリングは1本持っておくと本当に便利。実際に使うまでその魅力を実感しにくいアイテムのため購入をためらう方も多いので、出産祝いの贈り物としてもおすすめです。スリングの利点はまずコンパクトに収納できること。荷物を少なくしたい方や、ベビーカー・車での移動がメインの方は、必要時にさっと取り出しやすいスリングが役立ちます。

普段はエルゴなどの抱っこ紐、ちょっとしたお散歩や寝かしつけにはスリングなど、場面によって使い分けるケースも多いよう。また、腰痛など一般的な抱っこ紐が使いにくいママたちにも愛用されています。

気になるベビースリングの使い方は?

パッと見ただけでは、「いったいどうやって装着するの?」と心配になりがちなスリング。その基本的な使い方は、大きく2種類に分かれます。まず、昔からよくあるリングタイプのスリングは、布をループ状にして赤ちゃんを縦に入れ、リングで幅を調整します。普段のたて抱っこの状態を、スリングでサポートするようなイメージです。

また、最近はリングなしタイプも増えてきていて、幅調整などの作業を省きたい方におすすめ。各メーカーサイトで装着方法を紹介した動画を公開していることも多く、そうしたサポートの有無を参考に商品を選ぶと良いですね。

スリングの2大ブランドはここ!迷ったときに頼りになる人気スリング2選

「何を基準に選べば良いかわからない!」と迷ったときにも参考にしてほしいのが、スリングの人気を二分する主力ブランド。オーソドックスな機能性で愛され続けている「北極しろくま堂」、より使いやすく進化した「Konny」の代表的スリングを、それぞれ特徴を踏まえてご紹介します。

安心と信頼のロングセラー・スリング!「北極しろくま堂」のキュット ミー!

グッドデザイン賞の受賞歴もある「北極しろくま堂」のスリング”キュット ミー!”は、babywearing(赤ちゃんを身にまとう)というスキンシップ性を何より重視。肩パット付きでパパママへの負荷を軽減し、赤ちゃんの抱き入れ位置がわかりやすいよう中綿クッションが入っています。初心者でも使いやすい、と評判なのも納得。

最近ますますファッション性を意識したカラーリングが増えていて、選ぶのも楽しくなっちゃいます。

北極しろくま堂
キュット ミー!

韓国の先輩ママ体験談から生まれた進化版スリング!「Konny」のコニー抱っこひも

育児によるヘルニアを発症したある韓国人ママが、約10種類もの抱っこひもを購入しては理想に出会えず、ついに自分で突き詰めて生み出したのが「Konny」の抱っこひもスリング。とにかく軽量・コンパクトで、伸縮性のある特殊な生地、肩全体に負荷を分散させる布構造など、お値段以上のこだわりが凝縮した逸品です。

スタイリッシュな色合いも魅力で、特にこのベージュは世代を問わず馴染み、ストールとしても活躍。

Konny/コニー
コニー抱っこ紐

国内外のベビースリングを一挙公開!出産祝いにも喜ばれるアイテム12選 

なかなか見た目だけでは製品ごとの差異や特徴が分かりにくいスリングですが、実はバリエーションがとっても豊富。パパママのニーズにとことん寄り添う国内ブランド、街歩きしたくなるオシャレ海外ブランドなど、ギフトにもぴったりなベビースリングを厳選してご紹介します。

ママの声を反映する、簡単装着スリング!「Betta」のキャリーミー!

「Betta」の”キャリーミー!”が素晴らしいのは、当初の発売以降、パパママの声を活かしてアップデートを繰り返していること。現在発売中のモデルは、ファスナー位置を変えるだけで肩紐の長さを調節できる仕様。平日はママ、週末はパパとユーザーが変わる場合でも、簡単にサイズを合わせることができます。

「スリングって慣れるまで時間がかかりそう…」と心配がある方も、最初から形が整っているおかげで戸惑いなく装着できますよ。

Betta/ベッタ
ベッタ キャリーミー ! ダイヤ

オリジナルを極めて満足度UP!「AKOAKO-STUDIO」のAKOAKOスリング

9種類のサイズ、表地・裏地ごと選べるこだわりの生地、カラーなど、自分好みのスリングをオーダーできちゃうのが「AKOAKO-STUDIO」の魅力。例えば表地を通気性重視のしじらにするか、超軽量なタンガリーにするかでも、実際の使用感って結構違うんです。

また、+1,000円でスリングにポケット加工をしてくれるサービスも。スリングをしたまま、スマホをサッと取り出すのにも便利です。

AKOAKO-STUDIO/アコアコスタジオ
AKOAKOスリング

日本生産にこだわるニット製スリング!「T-REX」のカドルミー

ニット生地の伸びる・復元する特徴を活かして生み出されたのが、「T-REX」の”カドルミー”。MサイズまたはLサイズから体格に合わせて選べるうえ、このニットの伸縮性によってしっかり身体にフィットします。

新生児のうちはすっぽり包んで横抱っこ、他にも前抱っこや腰かけスタイルなど、成長やシーンに合わせて多彩な使い方が可能。

T-REX/ティ―レックス
カドルミー クレマチス Mサイズ

コスパ抜群のサブ抱っこひも候補No.1!「kerätä」のベビースリング

なんと予算3,000円以内でGETできるのは、「kerätä」のベビースリング。赤ちゃんを包み込む肩かけデザインは従来のスリング通りですが、安心の二重バックルが付いている”良いとこドリ抱っこひも”なのです。

新生児から2歳頃まで使用可能ですが、体重小さめな赤ちゃんには取り外し可能なクッション付きタイプもおすすめです。意外と他にはないボルドーなど、シックなカラーバリエにもご注目。

kerätä/ケラッタ
ベビースリング

汗っかき赤ちゃんもこれで安心!「sola」のゆりかごスリング

京都に工房を構えるスリング専門店「sola」は、しじら織りのしなやかな肌触りが特徴です。最も「使っていて良かった!」と感じるのは、汗ばむ夏の季節。比較的薄手なので通気性が良く、赤ちゃんもママも快適に過ごせます。もちろん、洗濯機で丸洗いもOK。

ナチュラルな風合いのグリーン、イエロー、ピンクはどれもおしゃれで、ママファッションのアクセントになりそう。

sola/ソ・ラ
ゆりかごスリング

おしゃれママのお墨付き!「femmebelly」のファムベリースリング

ママの気持ちに寄り添う商品開発が評判を呼び、雑誌でも紹介されるほど人気なのが「femmebelly」の”スリング しじらコレクション”。なんと言っても心惹かれるのが、ドルフィンテールと呼ばれる美しいドレープデザイン。全7色のこだわりのしじら織り生地と相まって、本当に素敵!

しかもこのテール、授乳中の目隠しや日よけとしても使えちゃうのがfemmebellyの魅力です。

femmebelly/ファムベリー
ファムベリースリング しじらコレクション

”歩くの疲れた~!”なんて時もお任せ!「minimonkey」のスリング アンリミテッド

オランダ生まれのベビーブランド「minimonkey」のスリングは、海外風のポップな色使いに惚れる方多数。また、赤ちゃんの理想の姿勢とされるM字開脚で縦抱っこ(コアラ抱き)できるのが特徴です。首すわり前の新生児でも、オプション要らずで縦抱きできるのは嬉しい!

他にもカンガルー抱っこなど6種類の抱き方ができて、しかも体重15kgまで使用OK。1歳前後に「歩くの疲れた!」なんてグズったときは、サッと腰抱きが便利。

minimonkey/ミニモンキー
スリング アンリミテッド

驚きの伸縮性でフィット感抜群!「boba」のボバラップ セレニティ

リングやバックルもなく、布1枚でこんなにもストレスなく抱っこできるのかと驚かされるのが、「boba」のボバラップ。”ラップ(wrap)=巻く”とあるように、身体に巻き付けるで装着できます。特殊なオーガニックコットン生地を使用していて、赤ちゃんとママにぴったりフィットするのが快感!

「密着できるのは良いけれど、夏は暑くない…?」と心配な方は、涼しいバンブー素材配合のセレニティシリーズがおすすめです。

boba/ボバ
ボバラップ セレニティ

2人目以降ママへの出産祝いにも!「CUBY」のベビースリング

公園などのお出かけや買い物、上の子のお世話や家事など、常に動き回っている2人目以降ママには「CUBY」のベビースリングがご活躍。厚みのあるクッション入りレールに赤ちゃんを入れるだけなので、コツ要らずでサッと使えます。

シンプルな無地素材のほか、フラミンゴやレインボーなど気分がHAPPYになる柄バリエは一見の価値アリ!

CUBY
ベビースリング

元祖ポーチ柄スリングは定評あり!「NewNative」のスリング

1992年の発売以来、アメリカを中心に口コミ人気が拡がった「NewNative」は、初めてリングなしスリングを生み出したブランドと言われています。

上質なオーガニックコットン製で、気兼ねなく洗濯できる安心素材。伸縮性はほとんどないので、じっくりサイズ選びすることが肝心です。迷った時は、試着サービスを利用してみましょう。

NewNative/ニューネイティブ
NewNativeスリング

高級感が溢れ出る日本産スリング「ピースリング」のグラデーション・スリング

海外セレブの愛用者も多い「ピースリング」は、実は日本の伝統技術を駆使した国産ブランド。安全性・使用感へのこだわりはもちろん、ファッション性を追求した美しい友禅染にみな惚れてしまうのです。

思わず振り返りそうになるこのグラデーションシリーズのほか、単色も展開。リングへの刻印サービスは、出産祝いをさらに特別なものにしてくれますよ。

ピースリング
スリング グラデーション・プリマベーラ

元助産師×デザイナー夫婦の傑作!「DORACO」のリバーシブルスリング

元助産師であるママ、デザイナーであるパパが手掛けた「DORACO」は、様々な角度・目線から本当に役立つ育児グッズを生み出しています。このリバーシブルスリングも、その傑作のひとつ。

自分の体型に合わせてじっくりサイズ相談できるうえ、1cm単位でサイズ調整が可能です。ママが使う時はトリコロール柄、パパの時はシンプルネイビー、などリバーシブルに使い分けできるのも素敵!

DORACO/ドラコ
リバーシブルスリング

目次
閉じる