おんぶ紐のおすすめはコレ!家事もラクラクできちゃう魅力的な13選

目次

おんぶ紐を使うメリットとは?

ママ達から「おんぶはラク」と聞いたことはありませんか?一度使うと手放せなくなる方も多い「おんぶ紐」。最近は、様々な種類が販売されていますよね。今回は、「おんぶ紐」を使うメリットやタイミングをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

おんぶ紐のメリット①ママの手があく&動きやすい

抱っこ紐での抱っこは、前に赤ちゃんがいるので下(足元)が見えにくいですよね。おんぶ紐はママの視界が広くなるので、おすすめです。買い物で荷物をもったりするのもラクチン。途中でベビーカーを嫌がりおんぶになった場合など、ショッピングカートやベビーカーも押しやすいですよ。また、上の子のお世話や家事がある場合は、特に重宝するでしょう。

おんぶ紐のメリット②赤ちゃんも心地良い

ママの背中にピッタリと赤ちゃんがくっつく、おんぶ紐スタイル。ママと同じ方向を向いて動くことができるので、赤ちゃんの視界も広がります。ママの家事をしている揺れが心地良くて、スヤスヤ眠ることも多いですよ。家事をしながら寝かしつけもできるのが、おんぶの魅力。

おんぶ紐の種類は?いつから使用OK?

数多く存在する、おんぶ紐。いったいどんな種類があるのでしょう。自分の目的やライフスタイルに合ったおんぶ紐を選ぶことで、育児がとってもラクになりますよ。使用できるタイミングも抱っこ紐より先になるので、しっかり確認しましょう。

おんぶだけに特化!THEおんぶ紐タイプ 

おんぶ専用のおんぶ紐は、使い心地も最高。高い位置でしっかりと固定でき、おんぶしやすいのが特徴。首がすわってから使用できるタイプが多いですよ。抱っこ紐はすでに持っていて、家事や上の子のお世話などのシーン限定で使いたいママにおすすめ。昔ながらの兵児帯(へこおび)も便利。

おんぶも抱っこもできちゃう!多機能タイプ

抱っこ、おんぶ、横抱き(新生児からOK)など、いろいろな抱き方ができるのが特徴。出産準備のタイミングで多機能の抱っこ紐を検討中のママは、おんぶ紐としても使えるタイプがおすすめです。おんぶは、首がすわった頃から使用できるものが多いですよ。

おんぶ紐のおすすめはコレ!おんぶメインで活躍する全7選

おんぶがラクと聞いていても、おんぶ紐に挑戦する時はドキドキするもの。使いこなせるかな?と不安になることもあるでしょう。でも、背負い方やおろし方のコツをつかむと、とても便利な育児アイテム。ヘッドサポート(頭あて)のあるおんぶ紐も数多くあるので、初心者でも安心して使うことができますよ。早速、チェックしてみましょう。

おすすめは兵児帯でおんぶ!昔ながらのおんぶ紐を

兵児帯(へこおび)をご存知でしょうか?明治時代まで、お母さんが赤ちゃんをおんぶする時に使われていた帯です。子だくさんのご家庭が多かった、その時代のお母さんも大助かりだった育児アイテム。仕事に家事に忙しい現代のママにとっても、活躍するアイテムでしょう。

夏でも涼しい「しじら織り」の兵児帯。赤ちゃんの背中部分を覆わないので、汗もかきにくく快適に過ごせるでしょう。さらしのような生地は、サラッとしています。洗濯もOK。

北極しろくま堂
兵児帯(へこおび)しじら織り ピンク

家用に人気のおんぶ紐!家事や上の子のお世話にも便利

保育士さんにも長年愛用されている、紐で結ぶタイプのおんぶ紐。高い位置でおんぶすることができるので赤ちゃんの視野は広がり、大喜びするでしょう。赤ちゃんがご機嫌だとママも嬉しいですよね。

生地は綿100%。完全に首がすわって頭当てが必要なくなった場合は、取り外すこともできます。紐の肩部分にパットが付いているので、ママのカラダへの負担も少ないのが特徴。おんぶ紐なら、上の子のお世話もしやすいですよ。

BuddyBuddy/バディバディ
昔ながらのひもで結ぶ ツイルおんぶひも

シンプルなおんぶ紐ならコレ!昔ながらの「一本帯」

日本人が長い歴史の中で編み出した、一本帯でのおんぶ。お母さんの背中にピタッと密着し、高い位置でおんぶができます。巻き方や結び方など、慣れるまで少し練習が必要。コツをつかんで帯一本でおんぶができると、お母さんもラクですよ。寝かしつけや家事の時は、特におすすめ。

災害時にも便利。使わない時はコンパクトになり、荷物にもなりません。日本人の生活の知恵から生まれ、後世にも残したい子育てアイテム。

ラッキー工業
昔ながらのおんぶ紐

昔も今も人気!使いやすい紐タイプのおんぶ紐

足入れ部分に足を入れて背負う、紐タイプのおんぶ紐。赤ちゃんをおんぶする高さや結ぶ強さは、ママ好みに調節できます。結び方は簡単なので、すぐに慣れるでしょう。

生地は日本製の綿100%。おばあちゃんにお世話をお願いする時も、シンプルで昔ながらのおんぶ紐がおすすめです。色は2色あり、どちらもストライプ。頭当ても付いているので、寝かしつけにも重宝します。一度使うと手放せなくなるでしょう。

おんぶ紐 子守帯 ヒッコリー

カラーバリエーション豊富!昔ながらのおんぶ紐

昔ながらのおんぶ紐は「巻き方や結び方がむずかしそう」と感じるママも多いでしょう。しかし、装着に慣れてしまえば、とても便利なアイテム。おんぶ紐は、家事に育児に忙しいママの救世主となるでしょう。

カラーバリエーションが豊富なこちらのおんぶ紐。素材はツイル綿100%です。ツイルは伸縮性に優れていて、シワにもなりにくいのが特徴。柔らかな肌触りも魅力で、汚れてしまってもお洗濯(手洗い)もOKですよ。

キラリベビーギフトショップ

昔ながらのおんぶ紐

機能性バツグン!進化系のおんぶ紐がおすすめ

昔ながらのおんぶ紐の良さを残し、さらに便利になった進化系おんぶ紐。昔から良いとされている結び方に加えて、胸を強調しない結び方もできます。セーフティーパット付きなので、頭と首をしっかり保護してくれるのも魅力。成長に合わせて取り外しもOKです。

また、3Dメッシュのクッション性ある素材を使用。蒸れにくいので、汗っかきの赤ちゃんも快適ですよ。肩ベルトにクッション性もあるので、ママも疲れにくいでしょう。

ラッキー1934
ON BACKS CARRIER ADVANCE

初心者にもおすすめ!ママにも優しいおんぶ紐

おんぶ紐が初めてというママにもおすすめ!ヘッドサポートが付いているので、装着しやすいのが特徴のおんぶ紐です。おんぶ紐に自信がないママも、挑戦しやすいでしょう。

赤ちゃんを高い位置でおんぶできるのも魅力。肩越しにママと同じ方法を見れて、好奇心旺盛な赤ちゃんの視野も広がるでしょう。カラーは、デニムとブラックの2色展開。頭当てを外すと洗濯機でのお洗濯もOKです。

しろくま堂
昔ながらのおんぶ紐

多機能タイプのおんぶ紐!抱っこや横抱きもOKな全6選

おんぶも抱っこも1つの紐で!というママには、多機能タイプのおんぶ紐がおすすめ。抱っこ、おんぶの他にも、前向き抱っこや横抱きができるものも多くあります。抱っこ紐とおんぶの紐を使い分けるのではなく、全て1つで用が足りるので重宝するでしょう。

赤ちゃんの成長や好みに合わせて、色々な抱き方に挑戦できるのも魅力。ママにとって手放せないアイテムになること間違いなしですね。

通気性にこだわった多機能タイプのおんぶ紐

スウェーデンのベビー用品ブランド、BabyBjorn(ベビービョルン)。抱っこ紐やバウンサーなどで日本でも有名なブランドですよね。

ベビーキャリアの中でも、通気性にこだわったタイプは特におすすめ。夏はもちろん、汗をかきやすい赤ちゃんにとってメッシュ生地は心地良いでしょう。抱っこからおんぶへの変更も、とても簡単。ママが立ったまま、赤ちゃんをクルリと背中へスライドすることができます。

BabyBjorn/ベビービョルン
ベビーキャリア ONE KAI Air

北欧デザインのオシャレで機能的なおんぶ紐

ノルウェーの子ども用品ブランド、STOKKE(ストッケ)。成長に合わせて調節できるハイチェアが有名ですが、他にもベビーアイテムは数多くあります。北欧らしいハイセンスのデザインで、お洒落なママからも人気があるブランドです。

フロントキャリア(抱っこ紐)、バックキャリア(おんぶ紐)のいずれかに、ハーネスを取り付けて使うタイプ。抱き方によって専用パーツを選べるので、体への負担が少ないのが特徴です。

STOKKE/ストッケ
マイキャリア フロント&バック メッシュ

おんぶ紐としても実力あり!人気のエルゴの抱っこ紐

ママ達から絶大な人気を誇る抱っこ紐といえば、Ergobaby(エルゴベビー)。しっかりとした腰ベルトで、ママの肩腰への負担が軽減されます。シンプルなデザインで、パパとシェアしやすいのも魅力。カラーバリエーションも豊富ですよ。

対面抱き、腰抱き、おんぶの3ポジションが可能。メッシュ素材なので、パパママも赤ちゃんも快適ですよ。首かっくんをサポートするフードが付いているのも、おんぶ紐の時に大活躍。

Ergobaby/エルゴベビー
抱っこひも おんぶ可 3Dエアーメッシュ

こだわりは軽量と快適さ!おすすめのベビーキャリア

日本製のベビーグッズを数多く展開するブランド、Combi(コンビ)。ベビーキャリアは、日本人のパパやママ、赤ちゃんのカラダにフィットするように設計されています。おんぶと抱っこの2WAY仕様で、重量430gの軽いつけ心地が特徴。コンパクトに収納できるのも嬉しいポイントです。

赤ちゃんの顔のまわりの生地は、綿100%のダブルガーゼ。おんぶ紐そのものが軽いと、家事や上の子の育児もはかどりそうですね。

Combi/コンビ
セオッテ ON-E ボーダーグレー

ヒップシート付きが魅力!おんぶも出来るベビーキャリア

赤ちゃんの成長に合わせて、様々な抱き方ができるベビーキャリアは人気。こちらは、赤ちゃんをのせるヒップシートが付いているタイプです。パパやママの腰部分で赤ちゃんの重さをしっかり支えるデザイン。肩こりに悩むママにもおすすめですよ。

スマホや鍵などを入れる小ポケットが、腰ベルトのサイド部分に付いているのも便利。おんぶ紐として使っていても、ポケットにしっかり手が届きますよ。落ち着いた色合いもオシャレ。

bebear/ビーベアー
抱っこ紐 おんぶ紐 ベビーキャリア

子育て中のママが考案!おすすめのおんぶ紐

最近のベビーキャリアには、海外ブランドのものが多いですよね。日本人が昔から使ってきたおんぶ紐も、日本人の体型に合っていて使いやすいと感じるでしょう。そこで、子育て中のママ達が、その2つの良い所を合わせてつくり出したのが「ファムキャリー」。登山リュックのような構造を取り入れていて、肩こりも軽減されると人気です。

おんぶ紐として使う場合は、おなかホルダーが活躍。ズレが防止できて、背負いやすいのも特徴です。

femmebelly/ファムベリー
おんぶと抱っこのファムキャリー

目次
閉じる